楽しんでいきましょ!

トライアスロンとエレクトーンを愛する社会人3年目のブログです!!  “Your attitude, not your aptitude, will determine your altitude” - Zig Ziglar

 
 
プロフィール
 

なおくん

Author:なおくん
ようこそ。
トライアスロンとエレクトーンを愛する3年目社会人です♪
僕の生活を綴っていきます。気軽に読んでくださいね!!

 
 
リンク
 
 
 
最近の記事
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
天気予報
 


-天気予報コム- -FC2-

 
 
最近の記事+コメント
 

 
 
カレンダー
 

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 
 
フリーエリア
 

 
 
フリーエリア
 

 
 
カウンター
 

現在の閲覧者数:

 
 

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 

皆生トライアスロン 2 の続き。

7時の号砲とともに、選手が一斉に海に駆け込んでいきました。

僕は2列目付近からスタート。

まずは沖に向かって350mの直進です。波に逆らって泳ぐので、スピードはあまりでません。

前にも後ろにも横にも人、人、人ばかりで、もみくちゃにされながら進んでいきました。

目印はブイと端っこのロープのみなので、息継ぎの何回かに一回は顔を上げて正面をみる必要があります。(ヘッドアップ)

丁度顔を上げたときに波が来たり、前の人の脚があって蹴られたり。

なかなか思うように泳げないまま、がむしゃらに直線しました。




次に左折。

今度は横から波を受けるので、蛇行しがちです。周りもいろんな方向に泳いでいたりして、まどわされることもあります。

幸い、周りに比較的まっすぐに泳ぐ選手が多かったので助かりました。

息継ぎの時に浜辺の方の景色を楽しみながら泳ぎました。



そのまま1km程泳ぐと、正面に陸地が見えてきました。

中継地点です。

応援の人だかりが出来ていて嬉しくなり、スピードアップしました。

岸に上がる少し前に近くの選手と接触して、右目にエルボーをくらったのが痛かったのですが、ゴーグルは外れなかったのでラッキー

中継の1.5km地点で25分くらいだったかと。




一度ゴーグルをつけ直し、再び海へ。さっきの逆方向へ泳ぎ進めました。

しばらく周りの選手が少ない時間があり、やれやれ、と思っていたら、それは前と横だけで、後ろに大量の選手が

抜かれたり抜かしたり。

こういうときに困るのは、斜めに泳ぐ選手、バタ脚をしまくっている選手です。

何度もぶつかって、大変でした。

そのうち、スピードが同じくらいの選手でかたまりができたので、一緒に泳ぐ感じで進んでいきました。




再び1km程直進したあと、直角カーブ。

ここでも込み合うんですよね、バトル、バトル


曲がった後は、スイムゴールに向かってひたすらダッシュです。

ヘッドアップをサボっていたら、少し蛇行しちゃいました(笑)



応援でいーっぱいのゴールが見えるとやはりテンションアップ。

海岸に上がると、大きな歓声が待っていました♪

ゴーグル、キャップを外し、ウエットスーツを脱ぎながらトランジッションエリアへと走っていきました。

(トランジッションエリアとは、着替えとバイクを置いて置く場所です。)



バイク用バッグからヘルメット、ゼッケンベルト、サングラスを取り出し、スイムグッズをしまいます。

短い距離のレースでは、トランジッションは第4の種目と言われているようにみんな急いで着替えをしますが、皆生のようなロングレースでは比較的ゆっくりしている感じがします。

僕は、ちょうど隣に知っている人がいて、「お疲れ様です」なんて声を掛け合いながら準備しました。

焦り過ぎないようにしつつ、なるべく急いでバイクラックへ。

まだ周りにたっくさんのバイクが架けてあったので、順位はなかなか良い位置だな、よし、と思いました。

乗車位置まではバイクを押していき、ラインを超えたらバイクに飛び乗ってスタート!!




と、思いきや、補給食バッグに入れていたおにぎりが落ちてしまい、少しタイムロス

あちゃ、かっこ悪い、と思いながら、気を取り直してスタート。


バイクにはあらかじめバイクシューズがペダルに装着してあるので、乗りながら履きます。

スイムで疲れすぎていると脚がつりそうでなかなか履けない、ということも過去にあった気もしますが、

今回はスムーズにはけました。

去年のアイアンマンの時に苦しんだ吐き気も全く無し。

練習の成果と、本番で自分のペースで泳げたからだと思います☆


天候は曇り。

風が強いように思いましたが、コンディションは良好でした。

いざ、バイクパート145kmへ。




スイム 

3km
52分52秒
105位(820人中)



続く。

スポンサーサイト
 
 
 

皆生トライアスロン その1の続き。


Summer Time Dream

作詞・作曲:高石 ともや

皆生の海は鉄人たちが  はじめての夢に挑んだ海 
見知らぬ国へ旅立つように  夜明けの波を越えてゆく

焼けつく太陽 したたる汗  吐く息の音 白い道
野に咲く花が美しい  苦しさ超えた君のよう

伝えておくれ勇者の伝説   山よ大山  Oh、Summer Time Dream

過ぎゆく夏の稲妻のように  走りゆく君  Oh、Summer Time Dream




皆生トライアスロンのテーマソングです。

開会式や会場でずっと流れていて、表彰パーティでは生演奏もあったので、今は頭の中でずっと繰り返されています(笑)お~さまーたいむどぅりぃーむ♪♪


試合当日は3時半過ぎに起き、4時には朝食の部屋へ。既に何人もの選手が集まっていました。

レース3時間前には食事を済ませておくのがベターということで、この日は旅館も協力して下さっています。

和食の弁当で、とても美味しく、ペロリと食べました。アイアンマンの時、おじさんから教えてもらったおにぎり作戦を今回も、と思い、ご飯をお代わりして、小分けにしてミニおにぎりを作りました。

前の席にも同じようにしているおばさんがいて、「ごはんだけじゃもの足りないでしょ」と梅干しを分けて下さいました。ありがたかったです。


皆生ナンバリング



5時半からはスタート会場で当日受け付けが始まりました。自転車をバイクラックにかけ、バイク用、ラン用のバックをセットし、タイム測定のアンクルバンドをつけ、ウエットスーツを着ます。ここまで来ると、本当にいよいよだ、という気分になってきます。

スタートの砂浜周辺には選手の名前を書いた旗を持った応援団が大勢いました。そして、850人越えのトライアスリート達。

全員ウエットスーツにシリコン帽に水中メガネ。初めて見る人はゾッとするかも(笑)


軽く試泳をすると、透明度が高く、波もそんなに感じず、魚も発見できて嬉しかったです。

ついこの前の試合は、真っ黒な競艇場でしたから


ウォームアップ終了の時刻になり、招待選手の小原工選手(ショートトライアスロンのシドニーオリンピック代表)の”楽しもう3連呼”に合わせて叫び、気合を入れました。


午前7時、号砲の合図とともに、選手達が一斉に海へ向かって走り出しました。

長い闘いの始まりです。

空は雲が多いものの明るめ。良いコンディションだったと思います。



続く・・・。

 
 
 

皆生トライアスロンに参加してきました!!


第29回全日本トライアスロン皆生大会
http://www.kaike-triathlon.com/index.html

皆生は、日本トライアスロン発祥の地であり、今年で29回目の開催になります。

人気の大会なので、4回くらい申請書を出さないと書類審査に通らない、と聞いていましたが、気迫のアピール!?で参加できることになり、今シーズン最大のレースと位置付けて準備してきました。

去年はスイム・バイクに特に力を入れていましたが、今シーズンは、バイク・ランを重視して練習してきました。バイクも手を抜かず、最後のランで4時間半を切るのを目標に☆

時間のやりくりをしながら自分なりに精一杯トレーニングしたつもりなので、後はやれるだけのことをしよう、と思って直前の日々を送りました。


中間発表その他で無理が続いて金曜日に体長を崩して寝込みましたが、一日中寝たお陰で復活し、土曜日に嬉々として皆生に出発しました。

会場に13時くらいに到着するつもりでしたが、大阪付近の大渋滞のせいで高速バスが2時間半遅れてしまい、いきなりハプニング。


皆生トライアスロン開会式




選手受付、開会式に間に合わず、競技説明会の途中から参加になったのですが、説明会後に遅刻者は呼び出され、ゼッケンに大きく赤で斜線を入れられることに

3分間のペナルティーの印です。

そんなぁ、スタート前からペナルティーかぁ、と落ち込んでいましたが、受付終了前に遅刻を連絡した選手は許してもらえることに。ラッキーでした!!

夜には新品のゼッケンを貰えたので、ホっとしました。


説明会終了後、選手は一斉にそれぞれの宿に向かって去っていきました。

僕は大会要項を読んだりスケジュール確認をしながら少し残っていましたが、スタッフの方が何度も声をかけて下さり、気に留めて下さったのがとても印象に残りました。

トライアスロンはスタッフやボランティアの方の多大な手間・努力のおかげで開催できます。

http://www.kaike-triathlon.com/hitori.htm


本番前から大変な準備があったでしょうし、その日も会場準備や打ち合わせ等でとても忙しそうにされていました。

それでも、優しい気配りもして下さり、「もうすぐ打ち合わせ終わるし宿まで送りましょうか?」と声をかけて下さいました。明日は感謝の気持ちを忘れずに走りたい、と思いました。



宿はスタート近くの温泉旅館!僕は遅めに来たので、同じ部屋の方々とは夕食会場で合流しました。

挨拶をすると、「ほー、若いなぁ、10代か?」って言われちゃいました。

近くのおばちゃんにも、誰かの付き添いで来た子どもさんかと思ったって言われちゃって・・・。

うーむ。これはそれなりの実力をしっかり見せなければ、と思いました。


皆生は参加者の平均年齢が40を越えていて、70代の方もいるほどです。
同じ部屋にも、68歳、57歳のおじいちゃんがいました。僕って孫くらいですね(笑)

筋肉もついて、よく食べて、よく話して、とても元気な方々でした。「補給食は梅干しおにぎりとお茶だけだ!」という言葉に日本男児の魂を感じました★


他にも、東京のメーカーで経理としてバリバリ働いている方、新潟の小学校の教師など、バラエティに富むメンバーが同じ部屋でした。

年齢も仕事もバッラバラですが、皆生トライアスロンに参加する、という大きな共通項があるのでとても親近感が湧き、コースの話やら補給の話やら、準備をしながらたくさんお話しました。
全員完走できるといいな、と思いました。



送っておいた自転車を組立て、温泉でくつろぎ、温泉夜は早めの消灯。暑かったり緊張だったりでそんなに良く眠れませんでしたが、気にしないことにしました。
次の日のレース展開をイメージし、目標達成を願っていました。

続く・・・。

 
 

いざ皆生へ!

2009/07/17 22:52
 

お久しぶりです。

中間報告を終え、気分は夏モードです。

あいかわらず実験は泥沼なので、テーマ変えも視野に入れなければならない状況だったりしますが、めげずに頑張ります。


さて、今年もトライアスロンシーズンの盛りになりました。

僕は、19日に日本トライアスロン発祥の地、皆生でロングのレースに参加してきます!!


水泳3km後、大山を145km自転車で上り、米子市を42.195km走ってきます。

去年のアイアンマン以来のロングレース。

大自然と市街地と、絶えることのない暖かい声援。ともに限界に挑戦するライバル達。

ドキドキワクワクです。


限界突破してきます。

雨が心配だなぁ。


実は今日、睡眠不足すぎてダウンし、一日寝てました。

何とか回復したので、レースも何とかなりそうです♪


ではでは、いってきます!







 
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
RSSフィード
 
 
 
全記事(数)表示
 

全タイトルを表示

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。