楽しんでいきましょ!

トライアスロンとエレクトーンを愛する社会人3年目のブログです!!  “Your attitude, not your aptitude, will determine your altitude” - Zig Ziglar

 
 
プロフィール
 

なおくん

Author:なおくん
ようこそ。
トライアスロンとエレクトーンを愛する3年目社会人です♪
僕の生活を綴っていきます。気軽に読んでくださいね!!

 
 
リンク
 
 
 
最近の記事
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
天気予報
 


-天気予報コム- -FC2-

 
 
最近の記事+コメント
 

 
 
カレンダー
 

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 
 
フリーエリア
 

 
 
フリーエリア
 

 
 
カウンター
 

現在の閲覧者数:

 
 

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

常滑より

2010/09/18 20:19
 

ただいま愛知県常滑に来てます。

明日はアイアンマン70.3セントレア常滑ジャパンに参加してきます☆

今日は競技説明会やパーティ、受付がありました。

そろsolo限界時代の先輩に何年かぶりに会えたり、2年前のアイアンマンで知り合った人と会えたり、プロ選手が身近にいたり、バスや試走中に新しい仲間ができたり。
やっぱり大会はいいなぁって思いますワクワクドキドキ☆

試走をしたら、道がガタガタなところばかりでじゃりの上まで走らなければならないコースだったのは少し心配ですが、第1回大会に出場できることをとてもうれしく思います。

選手番号1番のかっこいい外人選手に話しかけてみましたが、あまり英語が聞き取れず、微妙な会話しかできませんでした。あーあ、英語力が欲しいなぁ。

彼は16歳から数え切れないほど試合に出てきたそうです。明日も大活躍なんだろうなぁ。同い年ってことで勝手に親近感を抱いてしまいました(笑)


夕飯は先輩と若鯱家でカレーうどんを。ちゅるちゅるうまうまっていうCMを聞きまくってはいたものの一度も食べたことなかったような・・・。
かなり美味しくて元気出ました!!


8月に出場した珠洲の報告ができていませんね・・。

明日の大会が終わって落ち着いたらまた報告しようと思います。


今シーズンラスト戦、ラストのランは、1.8kmの連絡橋を渡って空港がゴールなので楽しみ♪

全力を尽くしてきます!!

ではでは。

 
 
 

ラン

ランからバイクへのトランジットは、焦らないようにゆっくり目に靴下を履いてシューズをはきました。そして帽子をかぶり、補給食をポケットに詰め込んで、コップ一杯分くらい入るミニボトルを握り締めスタートしました。去年はランスタート時、胃が痛くて苦しくて、持ち合わせていた胃薬で何とかなったという感じでしたが、今年は胃の調子はそこまで悪くありませんでした。 ゆっくりでいいからイーブンペースで、と思い走っていましたが、8kmぐらいを過ぎると段々と足首と膝に違和感を感じ始めました。あれ、早すぎだろう、やばい、と思いながらも、とにかく走り続けました。 皆生のランコースは交通規制をかけていないので、信号では赤の場合必ず止まらなければなりません。タイムロスにもなりますが、脚にガタが来ている自分にとっては休憩の時間になりました。でも、リズムが崩れて結果的にはデメリットの方が大きかったかも

15km地点からは脚を引きずりながら走るハメに。
脚が棒でした。
抜かれに抜かれましたが、もう気にしていられません。
しんどくてしんどくて。
何度も立ち止まって屈伸して、走るのを繰り返しました。

ものは食べられますが脚が本当に動かない。去年のラスト5㌔もかなりきつかったですが、今回は25㌔も手前からガタがきてまさに地獄かと思いました。
練習の大切さを身をもって感じました。

でも、エイドステーションや沿道の応援に支えられ、ゴールで待っててくれる人達への感謝の気持ちを胸に一歩一歩進みました。
去年宿が同じで、朝梅干しを頂いたりして仲良くして頂いた方々の元気な声援にも随分と助けられました。ありがとうございました。
そして、競技が始まって約12時間30分。
ようやくゴールが見えました。
陸上競技場をぎこちない動きで走りぬき、ゴール

ラン5時間09分04秒(282位)
総合タイム11時間21分16秒
210位(年代別7位)

昨年度は、
ラン4時間25分36秒(182位)
総合タイム10時間17分49秒
121位(年代別3位)

去年は感動して泣けてきましたが、今年はやっと終わった、解放されたという気持ちが強く気が抜けた感じになりました。

暫く突っ伏してました。ゴールでもいろんな知り合いの方々とお話できて良かったです。

ゴールからスタート会場へのバスでは、体調不良の選手が出て途中で病院に向かうというハプニングがありました。やはりハードなレースであったことを改めて感じました。

片付け途中も昨年同じ部屋だった68歳の選手と再会し、お話しました。宿では今日のレースの振り返りを皆でワーワー語りながら夕食を食べました!!
息子に「鉄人」という名をつけられたパパがいらっしゃってビックリしました(笑)本人は鉄道マニアになってるそうです(笑)

次の日はパーティ♪
宿で仲良くなった先輩に車で送ってもらえて有難かったです。

表彰式では、2年前のアイアンマンで知り合った同学年の友達が年代別で表彰されていて羨ましかったです。去年は勝ったのになぁ。
来年からはお互い社会に出て忙しくなるけど、いつかまた勝負したいね、という話をしました。


皆生トライアスロン。今回はいろいろと悔いの残る大会でしたが、思い出深い大会となりました。
いつか絶対帰ってこよう。


皆生の海は鉄人たちが
はじめての夢に挑んだ海
見知らぬ国へ旅立つように
夜明けの波を越えてゆく

焼けつく太陽 したたる汗
吐く息の音 白い道
野に咲く花が美しい
苦しさ超えた君のよう

伝えておくれ、勇者の伝説
山よ大山
オー、サマータイムドリーム
過ぎゆく夏の稲妻のように
走りゆく君
オー、サマータイムドリーム


松並つづく弓ヶ浜
境港のもどり道
愛する人が君を待つ
みんながヒーロー、さあ手をつなげ

皆生の道は勝利者の道
海に抱かれて 山と遊ぶ
笑顔は熱い友情のしるし
涙は君の愛のしるし

伝えておくれ、勇者の伝説
山よ大山
オー、サマータイムドリーム
過ぎゆく夏の稲妻のように
走りゆく君
オー、サマータイムドリーム

SUMMER TIME DREAM
(皆生トライアスロンの歌)
作詞・作曲:高石 ともや

 
 
 

バイク


そしてバイク開始です。水泳でキックを多めに打ってしまった影響か、何だか脚の動きがぎこちなく感じました。あぁ練習不足がもう影響出てきた、とも感じました。

始めの30kmは様子見だ。と言い聞かせて、マイペースで走つようにしました。ガンガン抜かれましたが、気にしないようにしました。去年は胃の調子が悪かった気もしますが、今回は大丈夫そうでした。しかし、脚が動かない感じでした・・・。

40kmくらい?から少しずつスピードがでるようになり、途中、去年宿が一緒だった先輩を抜きました。お互い「お久しぶりです。頑張りましょう」「おー久しぶり!!」なんて声を掛け合いました。たまらない瞬間です。
(宿などで仲良くなった選手と励ましあって頑張るのが本当に好きです。トライアスロンを続ける1つの理由でもあります。今年も選手仲間が増えて嬉しかったです。)
皆生トライアスロンバイク

この辺りで、いけるかも、と思い、時速35kmオーバーくらいで頑張ってしまいました。何人かの選手と抜きつ抜かれつ走るのが面白くて、今の自分の体力は去年と違うことを忘れてしまっていました。

そのうち脚のつけね辺りが傷みだし、一気にスピードダウンし、かなりの人に抜かれてしまいました。
さらに追い討ちをかけるようにチェーンの調子も悪くなり、チェーン外れ計5回。重い方のギアでしか焦げなくなってしまいました。先ほど抜いた先輩にもサーっと抜かれちゃいました。「ゴールで待ってるから!!」と声をかけてくださいました。

100kmくらいからは太ももにも異常が。預けておいた補給食も手違いで受け取れず、ゴールできるか少し不安になってきました。

それでも、ボランティアの方の温かいサポートや沿道の賑やかな応援に支えながら、耐えて頑張りました。

皆生のコースは本当にアップダウンの連続で、どんどん体力を奪われました。去年の大雨とは打って変わって灼熱の太陽が照りつけ、さらに体力を消耗しました・・・。

トップの選手とすれ違うようにして走るところがありましたが、自分のスピードとの差に愕然としました。いやぁ格が違いすぎます。今年のトップ10は40代2人、50代1人、30代7人。おじ様たち凄すぎ

最後、川沿いを走る時は最後の力で時速30kmオーバーで頑張りました☆

ヘロヘロでバイクゴール


5時間20分03秒(192位。スイム+バイクの通過順位は158位)←抜かれすぎ!!
昨年は4時間59分21秒(94位。通過順位は92位)



 
 
 



7月18日に、第30回 全日本トライアスロン皆生大会に出場してきました。

書類選考で倍率2倍の選考を何とか通り抜け、参加してきました。
日本トライアスロンの発祥地ということで憧れていた大会で、昨年初出場を果たしました。
何とか完走したものの、大会自体は大雨洪水警報のため途中打ち切りとなってしまいました。
せっかく年代別で2位(全体では121位)でしたが、表彰は無し。
今年は絶対表彰を、という意気込みで挑みました。

4月。就職活動で思い切り運動不足から始まった練習。なかなか戻らない身体と向き合い、少しずつ運動することになれて行きました。

5月には琵琶湖一周練習なども取り入れ、運動する習慣も出来てきました。

6月。強度を上げて練習をしようと思いきや、研究室のソフトボールで右手指を剥離骨折。残念。


7月。初旬にようやく指のサポーターが外れ、11日には蒲郡でショートの試合に参加。散々な結果ながらも、トライアスロンができることに感謝。

そして、7月18日を迎えました。(あー前置き長すぎ。笑)


当日、4時には同じ宿の選手達は皆起きて準備していました。みんなテキパキと準備をしています。眠い目をこすりながら、4時半には朝ごはんを頂きました。宿のおばちゃんも朝から元気な声で給仕をして下さいました。感謝、感謝です。

5時半過ぎに会場へ。バイクをセットし、受付を終えました。この準備を終えると、いよいよだなぁという気分になってきます。

スイムスタート付近でウェットスーツを着ていると、2年前アイアンマンで会ったおじさん方と偶然お会いできました。こんなところで会えるなんて。とても嬉しかったです。沢山お話したいところでしたが、スイムアップへ。

海は綺麗で、空も真っ青でした。アップしていて気持ちが良かったです。そしてスタート地点へ。


スイム

7時のスタートでした。あまり心臓はドキドキしませんでした。とにかくワクワクしていたように思います。

今回、スイムスタート恒例のバトルは結構続きました。途中でどこを泳いでいるのか分からなくなって焦りました。とりあえずコースロープを探して確認しながら泳ぐようにしていました。

途中にミニ半島のような所があり上陸して走りましたが、やたら脚が重く感じました。思っていたよりキックをしていたのかと思います。

折り返しからは、日差しが強いのと、クラゲが多いこと、そして周りの選手のバタ脚のせいで非常に泳ぎにくかったです。クラゲに刺されなくてよかったぁ。

スイムを上がると、多くの声援が。青島ファイトー、という声が聞こえて嬉しかったです。

バイクの置いてあるトランジットへと走りました。蒲郡に比べれば余裕がありました。落ち着いて着替えができたと思います。

52分09秒(71位)
ちなみに昨年は52分52秒(105位)

 
 

弟の留学。

2010/08/17 21:54
 

いやぁ、時が経つのは本当に早いですね。皆生トライアスロンから早一ヶ月が経ちました。レース後、研究室の中間発表があったり、そこで叱られ実験がさらに増えたり、国際学会に(発表はしませんでしたが)参加したり、エレクトーンの楽譜作りがあったり。ほんまにいろんなことがありました。

中でも、弟のアメリカ留学への出発は心に残っています。現地で楽しくやっているようで何よりです。

僕は頭の片隅ではずっと海外での生活を夢見つつも、日本にいる仲間と、日本でトライアスロンやエレクトーンや研究をしたり遊んだりする方を優先して、結局学生時代は留学せずじまい。といっても、自分の選択に後悔はしていませんが。どうやら会社に入ってから、留学制度があるようなので、狙ってみようと思います。国際学会で自分の英語の出来なさを痛感したし、勉強しなくちゃ、と思います。

さて、珠洲トライアスロンまであと数日となりました。次の大会が来る直前に前の大会の振り返りという悪循環ですね・・。まぁ去年は皆生の報告の途中で切れてしまいましたから、まだマシですが(笑)

次、報告です。

 
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
RSSフィード
 
 
 
全記事(数)表示
 

全タイトルを表示

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。